楽しみが無限大に広がる

釣り竿

乗り合い便を募集している明石のジギングで鯛ラバを楽しんでみませんか?快適な環境なので釣りをより楽しめます。

「ジギング鯛ラバ」という言葉を聞いたことがありますか?
まず、ジギングというのはルアーフィッシングの一種です。金属の塊「メタルジグ」を海底に落とし、深い場所を泳いでいる魚を捕まえます。ジギングは重いので、とても体力のいるスポーツのような作業になります。そして、鯛ラバとは、ネクタイ部分が水中でひらひらと揺れる、鯛を釣るための漁具です。
ジギング鯛ラバのコツはいったい何なのでしょうか?まず一つ目は、鯛ラバがラバーに絡んでいないことを確認することです。鯛ラバは水中でひらひらと揺らして鯛を釣るためのものなので、引っかかって揺れなければ意味がありません。
また、水の深さを把握しておくことも重要です。そして、底についたら一気に巻き上げましょう。一秒に一回点以上の速度で巻き取ることで、いきのいい鯛を釣り上げることができます。

ちなみにですが、途中で巻くのを止めてしまった場合はすぐにもう一度クラッチを切って鯛ラバを落としましょう。近くに獲物がいる場合が多いので、再戦のチャンスがあります。
鯛ラバを使って釣れるのは、鯛以外にはマハタ、カサゴ、サワラ、シーバスなどです。基本的になにかしら釣れるので、多くの収穫を求めているときはぜひ鯛ラバを使用してください。ちなみに、鯛ラバでは糸の結び方に工夫が必要です。
針はノーマル品よりもレベルの高いものを用意し、質のいいアシストを使用しましょう。かなり深いところまで落としてから吊り上げるので、糸と針は丈夫であるに越したことはありません。

こうした鯛ラバを楽しむことができる場所は様々。
大阪や明石といった場所以外にも、様々な場所で楽しめるようになっているので楽しもうと考えた場合には、どこで楽しめるのかを事前に調べるようにしましょう。

船に固定している釣り竿

フライもあるよ

釣りの楽しみは、ジギングだけではありません。ルアーと呼ばれる疑似餌を用いた釣りもあれば、フライと呼ばれる毛ばりを用いた釣りもあります。それぞれに違った楽しみや魚との駆け引きを楽しめます。

船

釣りの前にマナーも大切

釣りを楽しく楽しみたい。そうした時に楽しい釣りを知ることも重要ですが、釣りをするうえでのマナーを知っておくことも大切です。そうしたマナーを釣り人が守ることで、よりみんなが安心して楽しめるようになるのです。

海面

記事一覧

「鯛ラバなどのジギングを楽しむための基礎知識を知っておこう」の記事一覧です。